VEGA★LIFE
仙スタ通いはおあずけ!ワケありで休戦中。だけど一生ベガサポ!ベガルタに栄光あれ!!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
咲き誇れ!
花見客を横目に、渋々と検定会場へ向かった。

もう桜、あちこちで咲いてる…
みんな、待ってた。キレイな花が咲くのを楽しみにしていたんだね。
桜そのものを見るだけでなく、桜を通して皆は楽しんでいる。

何か、ベガルタに似てるなぁ…
ベガルタというチームを通して私達は楽しむ。

例え、薄ピンク色に染まらない年でも、今年の花が咲く事を期待していたから、花の木に向かう。何度も向かう。毎年向かう。
『花は咲く』事を、皆は知っているから。

一つだけ違うところ、花は散ってしまえば、人はわざわざ見に行かなくなる。

ベガルタは違う。
散る瞬間でさえ、花が堂々と咲き誇っていたのならば、美しく見える。
その時も見届け、また咲く時まで、その先もずっと見てく。
花じゃない時は、やっぱり物足りない。しかも、なかなか咲かない年なんかは、咲くのを待てず足を運ばなくなる者もいたりして…。咲いた頃、ひょっこり現れたり…(笑)
ま、それも一人の楽しみ方。

でも、花じゃない、ツボミでも、まだ葉の時点でも、さらには枝だけだったとしても、木の成長を見続けた人は、誰よりも咲いた花がキレイに見える。
その咲いている期間を少しでも長く見たい。
誰もがそう思っている。
そう思うから花が咲く木に向かう。常に。

花はただ咲くのだけど、見てくれるモノがあれば咲き方も違う。
太陽・二酸化炭素・水…+それ以外の栄養分。
栄養…注いであげて。
見てあげて。

そんな愛された木、幸せの木。

これからもず~っと愛されていく。
皆は、咲き誇った花が見たいから。


18:30頃、地下鉄から見た仙スタは暗く、どこか寂しげだった。
花の木がある場所、皆が楽しむ場所を大切にしようよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。