VEGA★LIFE
仙スタ通いはおあずけ!ワケありで休戦中。だけど一生ベガサポ!ベガルタに栄光あれ!!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合わない化粧品は使わない
ごめんなさい。
気合いの入れ方が足りなくて。
何をやっているのでしょうね~、大切なものを失うところでしたよ。
選手が戦っているのだから、サポートしなくちゃいけないのに。
ホームじゃないからとか試合映像が見れないからって…
『1ゲームへの想い』が軽かったです。


ここ数日ずっと考えていました。
私はこのサイトの管理人と称していますが、実際のところ管理は出来ていません。難しい設定等は全てゲンク兄にしてもらっています。私が担当していることと言えば、ニュースを更新、観戦記・練習着のレポ、そしてこの日記くらいです。
この曖昧な管理でずっとやってきましたが、いろいろと限界も痛感していました。日記を書くのをやめようと思った事もありましたし。現在、観戦記は書ける状態にありません。
これらは、『仙台攻連』のHPで、私がその管理人であるということに問題があってのことです。
難しいですよ。
ただ、それを楽しみにしてくれている人がいて、その人の報告からちょっとオモシロイ事が判明したりしてお互いに楽しめました。あと、このサイトに日記をつけたのは、自分がその日その日に起こった事や感じた事を忘れないためです。題がVEGA★LIFEなように、生活が『ベガルタ』で回っているので。
で、感じ方や想いは人それぞれだと思います。
だから、『仙台攻連』の『管理人』として書いていていいのだろうかという疑問が生まれたのです。
はい、自信がないのですよ。
一番の解決策は、私が自身の個人サイトをもてばいいだけのお話です。しかし、じゃあ誰が『仙台攻連』の管理人するんだ?って事になると思います。名乗り出ていただく方がいれば話は早いですが、いろいろと面倒なので…。

で、結論!
宣言させていただきます。
ここは『仙台攻連』のHPですが、管理人は私、鞠です。
なので、管理人の主観入ります。
観戦記も練習着も日記も。
ちなみに私的な事も。管理人だから。
はいはい、感じ方は人それぞれ。
ですので、私のやり方が気に食わない方は、覗いて頂かなくてけっこうです。意見もいりません。(中傷したなどの場合は謝りますが、それは一応管理人ということで無いように気をつけます)
掲示板は今のところ残す方針ですが、必要無いと思ったら、『仙台攻連』自体を閉鎖したいと考えています。
かなり勝手で乱暴なこと言っていますよね。
お願いです、ご理解ください。
そして、1年だけ我慢してください。
実はこの1年には特別な想い入れがあります。
真剣勝負です。
だから、このやり方でお願いします。

ここまで続いたのは私1人の力ではありません。助けてくれた方々には本当に感謝しています。
ありがとうございます。
今日、チームは今季初の勝ち点を取ってくれました。それは、たった1星かもしれませんが、1個1個の星は重いという事を私達は忘れていませんか?(少なくても忘れていたうちの1人です。ごめんなさい。)では星数個で天国と地獄の差を思い知った2003年は何だったんでしょう?
忘れてはならないのです。
そして、いつまでもここにいるわけにはいかない。
力とかの問題じゃなくて、私はただ単に、地元にサッカーチームがあって、そのチームにはJ1にいてほしいと願うからです。
決してサポ歴は長くはないけど、初観戦した2002年は、あの大舞台で堂々と試合をしている『ベガルタ仙台』がかっこいいと思いました。そして、その試合を盛り上げているサポーターの応援には感動した。
こんなかっこいいチーム見たこと無い!!まさに地元の誇りで。
だからまたそんなベガルタ(選手・サポひっくるめてのチーム)の姿を見たいと望むのです。
もちろん、あれからチームは変わりました。良くも悪くも。
で、その勇姿を教えてあげられるのは私達サポーターなんじゃないかなと思うのです。
直接選手に話をしろというわけではありません。出来ることはたくさんあると思います。でもどうしても出来ることが思いつかないのなら、これだけは皆が出来ると思います。
『気持ち』
「今日、自分がスタジアムへ来たのは何のためか」と、もう一度確認していただきたい。そうすれば、自然と応援に力が入るはずでしょう。勝ったら拍手、もしも負けたら気持ちが足りなかった選手にも自分にも渇を!
選手だけを戦わせるな!自分も戦え!
それでこそ『ベガルタ仙台』という大きな一つのチーム。

そういう想いが一つになった時、また栄光がつかめるのではないでしょうか。
それを教えてくれた選手が仙台にはいたじゃないですか。
私はその人の想いも含めて選手と一緒に戦っていきたい。

私の大切な大切な『ベガルタ仙台』だから。

最後まで読んでくれた方、理解してくれた方、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。